【池袋の整体院】筋整流法による治療 | 筋整流法東京支部道場の開放弦は解放源❕

  • mixiチェック

開放弦は解放源❕

■2016/05/30 開放弦は解放源❕
ちょい前の、オーバードライブに続き、

ギターに例えるシリーズ第2段です。


腱引きも、引き方をギターを弾くことに

例えることもあるので、

丁度いいかと。


まずは、開放弦て⁉ってとこから。


ギターには、普通は、6本の弦が張ってあり、

どこも押さえないで弾く 開放弦 と、

指板を押さえて弾くのに分かれる。


指板にはフレットがあり、

押さえるところで音程が変わるわけだ。


しかし22フレットのどこを押さえて弾いても、

開放弦とは、響きやら何やら、

違うものなのだ。


どれも、開放弦にはならない。

同じ音程だとしても。


で、


我々、人もまた、開放弦なのだ。


しかも、自分で弾いたのではなく、

弾かれて鳴っているのが私だ。


在りのままの私、

鳴りのままが、私。


しかし、人は、フレットを押さえて抑制して、

更に自分で弾くということをしている。


僕の言う、在る事が業(ワザ)が、

なかなか通らない。


開放弦自体が業(ワザ)なのだ。


何の抑圧もない、最低圧で、

自分でしなくとも、勝手に鳴っている。


やってる感はなくとも、

鳴りが違う。


最初の弾きで、生まれて、

鳴り続ける間、

生かされる。


ある種、最初の弾きで決まっている。


それを引き延ばすのも出来ない。


いいことも、悪いことも、

それを縮めるだけ。


鳴るのを止める、

もしくは鳴りにくくするだけ。


別の事を始めただけ。


コントロール不用


鳴らしとけ。


フルに鳴っている方が疲れない。


弾く事より、響かせ方の方が大事なのだ。


指板押さえて、より高音で強く弾く方が、

生きてる実感は強いだろううが、


生かされてる事は、分からない。


元よりのどうしようもない私で在る事が、

健康面でも、能力面でも、

周りとの関係性でも、

楽に結果が出ることは、明白だ。


素直な振動だから。


どうしたって、それ以下になる。


素直な振動は、響き合う。


開放弦で ミ の人を、

指板押さえてミにして真似ても、

似て非なるもので、


己の開放弦を響き渡らした方が勝ちだろう。


そこは、いい意味での諦めだ。


何かの様にでは、解放と覚悟がない。


まさに、開放弦は、解放であり、確定だ。

変わらない私、かつ、旬の私だ。


ただ、自分が自分の開放弦が分からない。


思わず鳴って出た瞬間に気付くかもしれないが、

自分でどう弾いていいか?分からない。


開放弦が鳴っているから私が在り、

私が在るからこそ、自分も在る。


しかし、自分が在るということは、

開放弦ではないということ。


抑制されている。

いや、している。


自分では弾けない。


自分で弾けるのは、

開放弦を抑えたものだけ。


どんなに上手くコントロール出来ても、


解放ではない。


生きている限り、

開放弦が鳴っている。


いつでも、チャンスなのだ。


己を見つけることで、


違う響きも尊重できる。


その人そのものの響き。


そうでないことを嘆くのだ。


いろいろな施術を試んでみたが、

施術師としての原点、

腱引きの引くことに変わりはない。


解放と活入れだ。


より私らしく、


開放弦を弾く。























◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
筋整流法 池袋道場
http://tokyo.kenbiki.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都豊島区東池袋3-9-13 SYビル202号
TEL:03-5954-6290
----------------------------------------
Facebook:https://goo.gl/WMHFDY
Twitter:http://goo.gl/uAoXv3
mixi:http://goo.gl/2Iz2pZ
アメブロ:http://goo.gl/DTFVXL
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆