【池袋の整体院】筋整流法による治療 | 筋整流法東京支部道場の識  序章

  • mixiチェック

識 序章

■2016/01/10 識 序章
前回から話し出した識については、

様々な面から語っていきたい。

というか、そうならざるを得ない。

特定のどれか?、何か?ではないからだ。

識は、決して常識にはならないし、

知識化を許してるわけでもない。

在るか、無いかしかなく、

在るならば、必ず先に在るので、

常に過去である知識にはなり得ない。

歴史にもならず、記憶に残らない。

識を所有することは出来ないし、

金でも買えない。

取引きは見透かされている。

勉強して身に付かない。

にもかかわらず、

識に即して生きる事は、

唯一無二の義務教育なのだが、、、

そう、する 事は、即すことだけで、

識の叡智とパワーに生かされる以外に、

生きる ってことはないのだ。

でなくば、生きるは自滅の実感である。

生きる実感求めて、自滅を繰り返し、

そのバリエーションは増えて、高度化しても、

さ迷えるゾンビで、生きるのに疲れ、

麻痺していく。

要はこれも、識が自己でなくなった事から始まる。

識を表現出来なくなったということだ。

業が始まったということだ。

この蓋がなかなかなくならない。

蓋から生きるからね。

個別の自己が在るという幻想。

ただ、芸術等も、だからこそある。

自己表現も、言葉は同じでも、

自己がどれなのか?で全く違う。

どう限るのか?

限られた自己には、限られた範囲内の表現しか出来ない。

限られた情報、

限られた能力、

限られた幸福。

限った分だけ罰を受けてる。

退屈も罰だ。

退屈しのぎでは、限界を超えない。

識に即して生きるのに、勿論国境もないし、

生き物も物もないし、

人間に限ることではないし、

この地球に限ることでもない。

宇宙が秩序立ってるのも、識の現れだ。

様々な秩序があっても、

どれも秩序立っていて、

それらはみな、識の死に様なのだ。

識自体が見えたわけでも、掴めたわけでもない。

宇宙の秩序を見つけ、公式化することが、

物理の悲願だが、

識に即して生きる側にいない。

識に対して死んでる側にいる。

死んでるものには死んでるもんしかやって来ない。

死んでるもんを更に殺そうとしてる。

識に即して生きる事は、

宗教、政治を終わらす。

それらは、それが終わってもらっては困る人達によって

引き延ばされている。

ただの実務になるのが嫌な人達だ。

識については、今書くのは、タイムリーなのかもしれない。

フォースを信じよ!ってね。

この即して、とか、対してってことを、

ホントに分かっとかないと、

勝手に思い込んでいるだけだ。

識はコントロール出来ない。

出来るとしたら、その上からだ。

識にコントロールされることに納得できるか?だ。

識に対さないということだけがコントロール出来うる。

それが事実出来て、即して ってことだ。

即することが出来るのではないのだ。

普通のコントロールは、対した後のことだ。

分かるも、体験したも、

識に対する側の話だ。

だからこそ、実感もなく、理解できなくても、

具体的な対象ないまま、

信じよ!ってことだ。

疑いが無いってことだ。

裏の意味が無くならんと。

信じるなら、疑っているという裏がね。

確証のないものを人は信じない。

しかし、確かなことだけを信じていては、

蓋が開かない。

何も起こらない。

起こりうるようにしてなくては。

起こらない日々の繰り返しで、

現実は確実と信じられている。

日々、識に即して、起こらせてみないとアカンけど、

その為にも 信じてみないと。

ホントはそんな大袈裟なことではない。

むしろ、皆でえらい頑張って、

本来ではない世界を作り出してる。

こっちの方が大変ではないか?

今回は、序章ということで、

概論的になったが、

次回からは、

識と命名した意味と日本語の面白さとか、

識と重力とか、

識から見た世界とか、

これまで書いてきた事と識との関係や、

別の視点から見た識とか、

それこそ識織り織りに楽しみやすくなるかな⁉





















































◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
筋整流法 池袋道場
http://tokyo.kenbiki.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都豊島区東池袋3-9-13 SYビル202号
TEL:03-5954-6290
----------------------------------------
Facebook:https://goo.gl/WMHFDY
Twitter:http://goo.gl/uAoXv3
mixi:http://goo.gl/2Iz2pZ
アメブロ:http://goo.gl/DTFVXL
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆