【池袋の整体院】筋整流法による治療 | 筋整流法東京支部道場の存在とオーバードライブ

  • mixiチェック

存在とオーバードライブ

■2016/05/06 存在とオーバードライブ
久々のブログ更新です。

お店の宣伝になるブログを書かないといけないと思ったら、

何も書けなくなり、

書く気もなくなり、

大分、間が空いた次第です。

開き直って、これだけは言っておきたいって事を、

書いてこう!って感じです。

では、早速、、、



今日のタイトルのオーバードライブ、

エレキギターをする人ならよく知っているでしょう。

真空管アンプの許容量を越えると、音が歪みます。

音が籠り、太く、丸くなり、延びが増します。

倍音の心地よさとか、

要は、悪い事したら、逆にオモロイことになって、

取り分け、エレキギターでは、こだわることになってます。



何でこんな話をするか?と言うと、

人間の事も、真空管に例えると、解りやすいからです。

身体や存在を、真空管と捉えると、

何が、何処に籠っているか?だけです。

籠り方により、能力や病気もあるわけです。

また、真空管にも種類があり、

どの真空管か?が生まれつきのもののようです。

何を通す真空管か?なんです。

どの真空管であれ、籠るとは、歪んでいることで、

過剰であり、つまりオーバードライブ、

そして、それは自己感、存在してる感となってます。

ここが大いに勘違いしているところで、

通るもんを通さなくしているだけで、

自滅しているサインです。

それがない方が通っているのです。

通るもん通すのが真空管の役目であり、

通るもんが、働くのです。

それの邪魔が、あなたです。

通るのを塞ぐと、籠りだします。

その籠ったので更にシステムが作られ、

あなたという習慣が出来上がります。

必ず、自己在る時は、

脳に、身体に、内蔵に、

籠りやすい部分化した抑圧があり、

反応のパターンがあります。

元よりの存在ではなくなる内部抵抗です。

苦しみの源です。

この後にすることは全て、苦しむことです。

楽したいのも苦しみから逃げたいのです。

苦しみ自体を無くすことはせずに、、、

通るもんをすり替えて別のもんにするのが、

真空管の役目ではありません。

そのまま通すことで具現化するのが役目です。

真空管自体は何もしません。

してはいけません。

歪んだパワーを撒き散らすことになるからです。

真空管が、何もせず、在ることが重要で、

その時、通るもんが意味を持ちます。

自己を苦しみと共に用意して、

社会に適合することで、

より自己は強調されてます。

そりゃ~、ほんとの自分が判らなくなっても、

無理はないです。

その自己が、自分の進むロールモデルを求めます。

僕の処に来て、僕の真似をしようとして、

失敗する例はよくあります。

そもそも一人一人違う真空管なのだから、

何か、誰か、のようになるのは違うし、

僕の伝えたいことでもなく、望むことでもありません。

その人の思うよりその人であってほしいのです。

より良くという幻想、

変わらないといけないという幻想、

社会や、自分の価値観といった、

作られたものに合わすのではなく、

あなたという真空管に通るもんに合わすと言うか、

真空管が開くのが、近道でしょう。

その際、あなたに出来ることは、

何一つありません。

あなたが開けるのではないからです。

することは、一切が閉ざすことのみです。

そもそも真空管は開いたもんだということを知っていて下さい。

あなたが存在しないとき、

より良いあなたであり、

変わったあなたでもあります。

通るもんが働きまくるあなたです。

自分が、どういった真空管か?は、

整体でなくとも、来てくれれば教えれます。

ギターは、歪んだ音の方がいいんだよな~☺














◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
筋整流法 池袋道場
http://tokyo.kenbiki.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都豊島区東池袋3-9-13 SYビル202号
TEL:03-5954-6290
----------------------------------------
Facebook:https://goo.gl/WMHFDY
Twitter:http://goo.gl/uAoXv3
mixi:http://goo.gl/2Iz2pZ
アメブロ:http://goo.gl/DTFVXL
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆