【池袋の整体院】筋整流法による治療 | 筋整流法東京支部道場のもう少し、スパイラル   エネルギーと表現

  • mixiチェック

もう少し、スパイラル エネルギーと表現

■2015/07/20 もう少し、スパイラル エネルギーと表現
もう少し、スパイラルについても話さないとね。

前回、左スパイラルが8割以上とかいたけど、

以前は右に開くと本来の体になるから、

右スパイラル型と言っていた。

つまりは日常的には左へ、左へ回ってしまっているわけだ。

解放を主目的としてる僕としては、

リラックスさせる方をメインに話してた。

実際、右に開くと、沈んでいくスパイラルで、

文字通り、落ち 着く。

普段は、自分が主体な為、左に回り、力んでいる。

逆のタイプはどうか?と言うと、

普段は右に回っている。

癒し系が多い。

多くの左に回る人の作る世界に頑張らずに、

元のまま、左に開いたままでいりゃ~いいのだから。

それを右に回りだすと、独りでも逆行すると言うか、

本人は皆と同じように、快楽の方へ進んだだけだけど、

周りにはストイックに思われたりする。

ここまでは、自分在る前提の話なのだ。

意識的であれ、無意識であれ、

自分がしている。

この間迄、マイナスエネルギーと呼んでいたエネルギーの

表現としての左スパイラルとは違うんだ。

自分がするのではなく、エネルギーに動かされると、

左スパイラルを表現する。

僕は前に書いた腰痛の時、

立つのが大変なので、

既に知っていた知識としての右開きスパイラルで立った。

ま~何とか立って動いてたが、

まだなんか足りない。

というのも、痛めた腰痛というより、

どプラス界自体が壊れてたので、

あまり意味がなかった。

だから、分かる方を捨て、分からん方へ賭けた。

そしたらエネルギーの左スパイラルで立ちだした。

一瞬、違和感を感じた。

あれ?左だぞ?

暫し後、全てを把握した。

そして普通なら立ってもいられないのに、

深夜の肉体労働を休まずこなした。

その時すぐにブログに書きたかったけど、

段階的にはまだ書きにくかった。

ようやくだね。

そしてどプラス界は全て芝居だと言うことを確認した。

自分のする全てがね。

古今東西、誰でも、どれでも、全ての自分が。

現在ではエネルギーの全ても、芝居に思えてるが。

まだまだ先の話だ。

同じ左スパイラルでも、方や自分で浮き足立ってるし、

方や相手を浮かせる。

全く違うことだ。

癒しより、ホンモノがいいということ。

ただ、本来の体の段階でも、

本質を見ていったからこそ、スパイラルを見いだしたのだ。

尺度を変えても、次元を変えても、合い通じる。

なんたって、上下左右前後と、

自分というコントロール者が常識だ。

誰も、この物体としての体をスパイラルと見ていない。

2次元的にあ~だこ~だと見ている。

スパイラルに右、左ってどこ?

スパイラルに正面てどっち?

スパイラルを見て、陰と陽がある?

スパイラル自身からすると、

俺、陰でも陽でもないのにな~。

左腕、右腕、それも自分発生以後の事。

同じ腕が、左と右にあるのではない。

脚も然り。

一対であり、それぞれで見れば、違う役割がある。

左利きとか、右利き以前だし、

脳の特性とかも絡むしね。

例えば、よく、小指側に力を入れろって言う。

一見いいのだ。

しかし、片方の手だけなのだ。

もう片方の手は親指と人差し指だと力が出る。

これだけの事でも、説明出来る人はいないだろう。

また、長くなり過ぎた。

スパイラルについても、更に色々書くことはあるが、

次回は別の視点で、エネルギーと芸術で書いてみたい。

乞うご期待!

そして、いずれ、スパイラルやエネルギー、宇宙、

今まで書いてきたことを覆すので、

お楽しみに〰!
















◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇リラッ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
筋整流法 池袋道場
http://tokyo.kenbiki.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都豊島区東池袋3-9-13 SYビル202号
TEL:03-5954-6290
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/pBBPp0
Twitter:http://goo.gl/uAoXv3
mixi:http://goo.gl/2Iz2pZ
アメブロ:http://goo.gl/DTFVXL
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆