【池袋の整体院】筋整流法による治療 | 筋整流法東京支部道場の空っぽなカラダに新たなエネルギーが宿る

  • mixiチェック

空っぽなカラダに新たなエネルギーが宿る

■2015/04/10 空っぽなカラダに新たなエネルギーが宿る
今日のタイトルは、健全な肉体に健全な精神が宿る を、
僕なりに変えて書いてみた。

昔からある言葉だけど、どうも嫌なんだよね。

健全 てのも嫌だし、
肉体も、精神もこっちとしては、相手にしてないしね。

ただ、体が先で、それに宿るというとこはそのまま使えるなと。

しかし、空っぽのカラダなどということが、まず無い。

古いもんで埋めまくりで、新しさが入ってくる隙もない。

新しさと古さの二択は、常に古さが選択されるようになってる。

新しいもんを追いかけてる、待ち構えてるもんもまた古さだ。
得れるのも、パッケージ化された新作でしかない。

不満だったり、退屈だったりってのも、
新しさ が来ないってことだ。

それって平たく言うと、
神が来ないって騒いでるようなものだ。

空っぽのカラダを基準に、何が空っぽにさせないのか?

挙げていけばきりがないので割愛します。
何もかも全てが空っぽにさせないもんだ。

それを総じて、自己と呼んでもいい。

自己でいっぱいなのだ。

そう、古いエネルギーで充満してる。

空っぽのカラダを自己で埋めるか?、
新たなエネルギーを宿すか?

自己で埋めてる限り、空でないから、
新たなエネルギーは入って来ない。

神と自己の二者択一、迷わず自己を取るだろう。

カラダとはまさに空でないとカラダとは言えないものなのだ。

だから、健全な を 空っぽ としたのだ。

カラダの本来の意味である 神を宿す空間 ってこと。

で、空っぽのカラダなら、その人自体がパワースポットだ。

移動する地球のツボだ。

横綱として、結界のしめ縄を巻いていい。

ただ、宿りうるのは、空っぽの時だけ。
それを求めだすと、それで空っぽになれないので、やって来ない。

時代劇の渡世人か、1宿1飯の恩義みたいなもんだ。

維持は出来ない。

守ってては守れない。

中途半端な取引は出来ない。
ちょっと隙をつくればいいのでもない。

神が来る保証があるなら、自己を無くしましょう!
とはいかない。

空か、そうでないかだけ。

そうして常に古さが勝ち、価値を持ち、
神は常に拒まれている。

大分、嫌われもんなんだな~。

そうしている限り、むしろ神から自由になれない。

肉体ってのが嫌なのも、全然、空っぽ感がないもんな。

精神も、新たなエネルギー感がない。

イメージ的に落として言うと、
空っぽのカラダという楽器が、神の息吹で鳴るって感じかな。

主体は、カラダの中には居ない。

外から来る。

常に、新たに、外から来る。

ゼロから始まるか?

どんな選択のスイッチが浮き彫りになってるか?が、
その人の境地を現してる。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
筋整流法 池袋道場
http://tokyo.kenbiki.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都豊島区東池袋3-9-13 SYビル202号
TEL:03-5954-6290
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/pBBPp0
Twitter:http://goo.gl/uAoXv3
mixi:http://goo.gl/2Iz2pZ
アメブロ:http://goo.gl/DTFVXL
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆